忍者ブログ

裏面、其処には

FF11:闇に舞い降りた凡才

2017'12.18.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007'10.10.Wed
こんにちは、
もうテレヴィとか見てると、やたらネズミランドのCMで、
ハロウィンのイベント宣伝していますね(゚д゚)
ヴァナデルもそろそろイベントの時期じゃないですか。
これを機に、我が家の家計をなんとかできそうじゃまいか!
そこで目に付いたのは、これ、、


ジャックパイ

《効果》MP+45 hMP+1 INT+4 CHR-1 30分

ほうぇ!!なかなか(゚д゚)!
効果もよいし、アイコンもかわいいし。
よし、君に決めた☆
さてと、肝心のレシピは

ジャックパイ×3【12】 調理:85
(パティシエ)炎     セルビナバター、パイ生地
           メープルシュガー、シナモン
           オニカボチャ、セルビナミルク
           蒸留水、アプカルの卵

アプカル、、、卵。
ずっと前で某氏からの情報だと、
入手にしくいのと、高いとのこと。
いくらなんだろう。どきどき。競売を覗いて見たら、、


アプカルの卵×1 5000G

(つд⊂)ゴシゴシ

アプカルの卵×1 5000G

やってられるか(ノ・∀・)ノ =====┻━┻
もう取りに行くしかない!スキルを上げたがるフレが
丁度いたので、さっそく二人と一匹、
戦/忍 か/白 パママで、
ゼオルム火山へゴーゴー

場所は8-L辺りの海岸。
まさにアプカルランド。よちよちと歩く姿はとても愛らしい。

しかし今日は倒させていただきます(・∀・)ニヤニヤ

さっそく戦ってみました☆
フレが射撃で釣って、通路までひぱって戦いました。
ヤーンという有名な範囲睡眠技を使ってくるので、
マトンは範囲が届かない位置においといてから、
攻撃指示を出した方がよいでしょう。

しばらく戦ってみたら、
アプカルはもともとモンクタイプの敵なんだけど、
間隔が早くなった上に、か、硬い!
とにかくダメージが通らない!
なんてこった(;゚Д゚)
さっそく先生にヘルプの緊急tellを。

>> アプカル?緑ネームの奴にアトルガン大型魚をトレードすれば、
強度がリッセトされるよ。


ええ!!バグだと思った緑ネームがそういう使い方なのかよ!!11
モンクタイプの上に、ガード、蹴撃もしてくる。
フレピンチ。セミが回りません。・゚・(ノ∀`)
さらにヤーンで全員すやすや。。。
殴られるフレ、早く起きれ私!!

あぷかるのことが


っとこんな感じで小一時間。

アプカルの卵1個
水栗、羽根いっぱい。。。
(ノ`Д´)ノ彡┻━┻ やってられるか!!

ここで暇になったガル子が駆けつけてくれて、
そして先生からtell

>> ヤーンは背を向けばよけられるよ!

な、なんやってーー

>> さらにクールダンス(範囲麻痺)もそうだから、頑張って避けてね。

そこで背中祭りが始まった(・∀・)ニヤニヤ
どんどんみんな避けるのが上達していく。
しかしダメージが通らないので、ここでパママを黒/魔にチェンジ。
精霊だとどうなるのかな?
パママのストーン? 3桁のダメージ。
おーいけるいける!と思ってわいわいしてたところ、
パママがタゲ(σ・∀・)σゲッツ!! なんてこったw
パママが壊れそうだwww

そしてまた小一時間、、、

計アプカルの卵 2個 、他(ry

涙目です。・゚・(ノ∀`)・゚・。
また行きますよ。今度はお魚もって行きますね。。。ハイッ
おしまい。

注:アプカルの恨み

拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134
«  BackHOME : Next »
最新CM
[08/25 ぱぱす]
[08/25 ぱぱす]
[07/30 ap]
[07/30 ap]
[07/17 ぱぱす]
きゅきゅっとQR
ブログ内検索
カウンター
(`・ω・´)

@ボロ鯖に生息してます。
そんなパパスの生き様の
記録です。
当サイトはリンク、TBフリーですが、 不適切なものは削除します。
RMT関連のサイトなどもお断りし
ます。

プラチナリボン運動
☆指定納品クエスト☆


FF11 TBP

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]